債務整理をすればカードローンの返済が楽になる

GREEN_kureka_TP_V

カードで債務超過!

カードローンは返済が大変になることが多いローンであり、その理由はすべて債務超過にあります。1回あたりの借り入れが少なくとも、繰り返し借りていると高額の借金を抱えることになるでしょう。深く考えずに利用を続けていたら、いつの間にか多額の借金を背負ってしまうのがカードローンなのです。限度枠に余裕があれば借りて返済に回せるので債務超過に気づきにくいですが、冷静にシミュレーションをしたら返済不能になっていたというケースはよくあります。

もう完済は無理だと感じたら、債務整理を検討する必要があるでしょう。自分で借りたお金は自力で返していくのが理想ですが、返せない状態にあるなら債務整理をするしかありません。お金を返すためには、より稼がなくてはいけないのですが、今より収入を上げることが難しいなら返済は困難だと言えます。節約の余地があるなら自力返済も可能でしょうが、公共料金の支払いが厳しくなる状況なら節約にも限界があるでしょう。そもそも節約をして乗り切れる状況であるなら、最初から借金はしなかったはずです。

債務整理は任意整理!

債務整理と言っても自己破産ばかりではなく、それ以外の方法で整理している人のほうが多いです。現在一番行われているのは任意整理であり、特にカードローンの整理に最適と言えるでしょう。カードローンで借りられる限度額は住宅ローンよりずっと少ないですが、返済に逼迫しやすい性質があります。それは金利が非常に高いからであり、現在でも実質年率で18.0%は当たり前です。かつてよりはずいぶんと下がりましたが、まだまだ高金利と言えるでしょう。

100万円も借り入れをしてしまうと、返済で相当に逼迫すると考えてよいです。少しでも返済を楽にするためには、元金を減らしていくしかありません。利息を減らすには元金を減らす方法が一番ですが、利息が大きすぎると返済しても元金にはほとんど充足されません。こうした状況から脱出するには、最後の借金解決法となる債務整理しかないのです。個人再生や自己破産といった方法もありますが、小口ローンの整理には任意整理が適しています。

任意整理は利息をカットできるので、金利0%で借りているのと同じ状況になります。あと数万円で完済できるローンがあるなら、弁護士報酬のほうが高くなるので除外するとよいでしょう。整理したくないローンは除外できるのが任意整理の魅力であり、他の方法だと借金は一括整理になってしまいます。連帯保証人のいるローンだと、その人に迷惑をかけてしまうわけです。

任意整理は裁判所を通さなくてよいので、債務整理の中でも最も手軽に行うことができます。利息を除いた元金は全額返済するため、債権者も同意してくれることが多いです。将来における利息がゼロになるメリットは絶大で、精神的な負担は一気に軽減するでしょう。利息を支払うのが精一杯という方は完済が難しいので、早めに弁護士に相談して債務整理をするべきかアドバイスを受けてください。