ギャンブルで作ってしまった借金はどうすれば良い?

PAK75_windsjyougaibakenjyoude_TP_V

ギャンブルによる借金

借金の原因は様々ありますが、その内のひとつとしてよく連ねられる理由がギャンブルです。パチンコやパチスロ、競馬、競輪など、こういったギャンブルには中毒性がありますので、止めるに止められずに大きな借金を作ってしまうケースは少なくありません。そして到底返済をすることができない金額にまで達し、自ら作った原因によって苦しめられてしまうことがあるのです。中にはギャンブルや返済のために多重債務に陥ってしまうケースもあり、さらには闇金にまで手を出してしまうこともあります。

もし借金で苦しんでいる場合は債務整理によって対策することができます。法的な力で借金問題について対処することができ、場合によっては返済の免責までも受けられる可能性があるのです。ところがギャンブルの場合ですと、債務整理の手続きができないというイメージを持たれることがあります。そのため債務整理の相談をすることなく我慢がされることもあるのですが、しかしながらギャンブルが理由だからできないということはありません。ですから選択肢のひとつとして考慮することもでき、法律家の元へと相談へ行くことも考えた方が良いでしょう。

債務整理とは?

債務整理には種類がありますが、その中の任意整理と個人再生の場合は借金の理由についてそもそも問われることがありません。そのためどのようなことが原因の場合でも債務整理を検討することが可能です。ただし、これらの手続きの場合ですと、免責を受けることはできません。あくまでも返済の総額を減らすだけという手続きですので、ある程度の返済はやっていく必要があります。

返済が難しい場合は免責が下りるかどうかが要となりますが、その場合は自己破産によって対処することが可能です。免責を受けることができれば返済をする必要がなくなりますので、返済ができる可能性が限りなく低い場合は最終手段として選択することになるでしょう。

ただし、自己破産の場合は理由を問われてしまい、そしてギャンブルが原因の場合ですと免責を受けられないことがあるのです。判断の目安に免責不許可事由というものがあり、これに該当すると免責が受けられないというものですが、その中に賭博による借金ですと原則として免責はできない決まりがあります。そのため不許可自由に該当してしまって自己破産ができない可能性があるのです。

しかしながら最終的な判断は裁判官が下すものであり、裁判官の裁量によっては免責が受けられる可能性があります。一応の決まりは設けられているものの、ケースによって判断が異なる面もありますので、一律で不許可に該当するというわけでもないのです。ですから最初から諦める必要はないと言えるでしょう。

ただ裁量で決定される曖昧さがありますので、法律家に相談をする際にも経験のある相手を選ばなければいけません。どこに相談をするかによって結果も左右されてしまいますから、窓口選びを誤らないように注意が必要です。