パチンコで借金返済はできません

PPS_huruipachinkodai_TP_V

ギャンブルで借金苦に

ギャンブルにはまってしまい、月々の余裕資金からだけでは物足らず、消費者金融でキャッシングをしてまでもパチンコに通っていた時期がありました。パチンコで勝ったら、すぐに借金返済ができるという甘い考えで、簡単に借金を重ねてしまっていました。

しかし、パチンコで勝っても月々の返済金額以上は借金返済しませんでした。なぜならば、その勝ったお金で、またパチンコに行きたいと思ってしまうからです。そして、また勝てばいいのですが、ほとんどが負けることになります。

そうなると、さらに借金を繰り返して、最後には限度額いっぱいまで借金をしてしまっていました。限度額いっぱいということは、あとは返済しなければお金は借りることができないということが、その時にわかりました。

月々の返済だけでは、元金はほとんど減っていなかったため、パチンコで勝負できるほどの金額は手に入らなくなりました。

その時に、借金してまでやることなのかを改めて考えさせられました。最後に残ったのは借金だけで、稼いだお金は残っておらずむなしさだけが残っていました。

返済頑張っても無理

そのため、もう二度とこんなことで借金を繰り返してダメだと一念発起して、借金返済のために生活することを決意しました。しかし、毎月真面目に借金返済しても、なかなか返済が完了しません。

50万円の借り入れに対して、毎月25,000円の返済をしているのに、借金総額にあまり変化がありませんでした。何がいけないのかわからなかったため、消費者金融の窓口に直接話を聞きに行きました。そこで受けた説明では、月々の返済金額のうち、元金返済がいくらだということでした。

25,000円をまるまる返済しているのではなく、金利も含めて返済していることはわかっていましたが、金利の額があまりにも多くてびっくりしました。だからいつまで経っても借金を完済することができないことも理解できました。当時の消費者金融の金利は29パーセントくらいで、借金総額に対して金利が発生するので元金はほとんど減らないのも納得できます。

なんて恐ろしい借金をしているのかと、恐ろしくなりました。借りることは簡単ですが、完済することがとても困難だということは、借り入れ時には考えてもいなかったため、最後にとどめをさされた感じがしました。

その時に、もう二度と消費者金融での借り入れをしてはいけないと強く感じました。その後は、ひたすら借金返済をする日々が続きました。まとまった金額のお金ができれば、借金返済に充てて、何とか3年くらいで完済することができました。

返済していた金利の分があれば、もっと色々な楽しいことができたのにと、今は大きく反省しています。最初のギャンブルで勝てば、簡単に借金が返済できるという軽い気持ちが、最後はとても苦しむことを引き起こすということが、やっとわかったような気がします。パチンコでは、借金の返済は絶対にすることは出来ない事もわかりました。