借金のリボルビング払いの返済方法に苦労した話

GREEN_kureka_TP_V

カードローンとリボ払い

今は消費者金融だけでなく、銀行でもカードローンでお金を借りられるのが便利ですよね。昔は窓口にいって直接現金を借りたり、審査を受ける必要があったりで利用しにくいイメージが強かったんですが、今ならインターネットで簡単に申し込みから審査まで受けることができますし、借金を希望する自分にとっては天国のような環境かもしれません。

ありがたく使わせてもらっているカードローンですが、まだ初心者だった頃に失敗した経験があるんです。失敗の原因は返済方法を十分に理解していなかったことです。これからカードローンを利用する皆さんに、ぜひ知ってもらいたいことでもあります。

リボ払いと分割払いの違い

返済方法で失敗したのは、リボルビング払いの存在です。自分はてっきり分割払いのような感じたと思っていたんですよ。でも使っているうちに分割払いとは違った仕組みであることに気づいたんです。

分割払いだと、使った時の代金を月々に分散して返済するじゃないですか。1ヶ月間にたくさん使うほど分割払いの返済額が増えてしまうので、使いすぎがよく分かるんです。だからあまり使いすぎないように工夫することができるんですが、リボルビング払いの返済方法だと使いすぎの感覚が鈍ってしまうんです。

リボルビング払いでは、今まで借金した分が返済額の基準になってきます。カードローンを契約した後に借入れた分が全て加算されていて、締め日の時点の残高を見て、次回の返済額が決まってくるんです。ここまでならあまり問題にはならないんですが、返済額を少なめに設定することが簡単にできるので、毎月返済しても借金の残高がなかなか減らない事態になるのが怖い部分です。それも、残高を基準に利息が決まりますから、驚くほど高い利息を支払わされる結果にもなるんですよ。返済時には借りたお金と利息分の合計額が定額で請求されるので、利息の負担額がわかりにくいのがデメリットです。

長く使っているうちにいくら自分が借りたのか、利息がどのくらい膨らんでいるのかがとてもわかりにくいんです。分割払いより返済しやすくても、管理がとても難しいのがリボルビング払いによる返済方法の落とし穴だといえます。

この仕組みを知らなかった当時は、なかなか減らない借金の返済に本当に苦労しました。仕組みを理解してからは、借金の総額をきちんと管理するようにして、毎月の返済期日だけでなく、臨時返済としてATMなどを使って早めに返済することを心がけるようにしました。後はあまりにも多額の借金をするのを控えることも良かったと思います。すぐに返済できる金額の借入れに留めて、どうしても多額の資金が必要なときは目的別のローンを使ったり、貯金をすることにしたんです。

このような工夫がうまくいったためか、今ではあまり利息の負担をすることなく、カードローンを有意義に使えるようになりました。リボルビング払いの返済方法に気をつけるようにすれば、カードローンはとても便利な存在なんですよね。