多重債務で借金返済に困ったら相談に行こう

今時の多重債務

今は少し落ち着いてきましたが、数年前まで借金の過払のCMや広告、看板を至る所で見かけました。借金を背負っていても過払の場合があって、お金が戻ってくることがあるなんて信じられませんでした。

そもそも、借金の相談に行くことは怖かったし、恥ずかしくもあり、誰にも相談できませんでした。過払のCMなどが流れるようになって、恐る恐る、はじめは司法書士の事務所を訪ねました。弁護士事務所よりも費用が安いと感じたからです。

しかし、司法書士が過払請求するには140万円までしか扱えないとかで、弁護士のところに行くように勧められました。弁護士の法律事務所ではもう、過払い請求のひな形みたいなものが出来上がっているようで、着手金もなく、どこから請求があるのかさえ教えれば契約書など資料も法律事務所が取り寄せるとのことで、こちらがほとんど何をすることもなく、ただ、待っていれば良い感じでした。

これだけ払いすぎているという金額を知らせてきて、消費者金融と弁護士との間で最初は示談していましたが、折り合いが付かず、過払い請求の訴訟をしました。その当時は過払の請求が多かった時で、あちこちでその訴訟が行われていたようでした。

訴訟と言っても、私が裁判所に行くわけでもなく、すべて弁護士がしてくれました。手取り足取り、おんぶにだっこで、最終的に戻ってきた金額から、弁護士の費用を引かれてお金が戻ってきました。

過払い金返還はあるのか?

私の多重債務には、過払の借金以外に、元金分も支払えていない借金があり、その借金については過払金請求で戻ってきたお金で返済をしました。長い間借金返済をしていたものは過払請求ができる可能性があるとのことです。私は若いころに最初に借りたのは、お金を借りたわけではなくて、クレジット契約でしたが、ほんの2万円位でした。

アクセサリーをただ軽い気持ちで見て、かわいいなと思ったものの、お金が無いからと断ったら、店員さんがクレジット契約を勧めてきて、それが最初でした。恐る恐る契約をしたものの、知らないうちに返済が終わっている、それがくせになってしまって、あちこちでカード払いをしていました。気が付くと多重債務に陥っていて、借金返済のために働く、お金を作るというようになっていました。

今は法律がちゃんと規制されたとのことですが、昔は借金の利率も違法に高かったので、それで借金の利率が高いときに借りて返済し続けている人は、元金と適法な利息を合わせた額よりも多く返済しているのでその部分について過払が請求できるとのことでした。

しかし、地元の小さな消費者金融とか、貸金業者登録をしていないような業者だと請求出来なかったり、そもそも連絡が付かなかったりしました。ですが、弁護士が受任通知を出してくださってからは嫌な督促状や電話もかかって来なくなりました。過払の有無にかかわらず、一度立ち止まって現状を整理するためにも、借金で悩みがある方は相談に行く事をお勧めします。